七夕の集いがありました。

アーバンチャイルド保育園、保育士の木羽です。

7月7日七夕の日!

保育園では笹の前で『七夕の集い』を行いました。

みんなが願いを込めて書いた短冊と作った笹飾りを保護者の方や保育士と一緒に飾りつけて素敵な笹が完成しました。

「みんなはどんな願い事を書いたのかな~?」と短冊をめくってみたり気になる笹飾りを触ってみたり、興味津々で「これ、ぼく(私)の~!」と見せ合って飾り付けた笹を楽しんでいました。

 

 

 

 

今年の「七夕の集い」の出し物は、みんなが登園自粛中に職員皆*で七夕のために描いた大型(A-2)の紙芝居「七夕のお話し」の初演・杮落しです、笹の絵を見ると保育室にある笹を指差して「一緒だね・・・!」と教えてくれたり

子どもたちは初めは座って聴視ていましたが次第に前のめりになって、「おしまい」のころには紙芝居の真ん前まで来ている子がたくさんいました。

 

紙芝居を楽しんだあとは、[たなばたさま]を歌いました。

体を揺らしたり手拍子をしたり、「お星さまキラキラ~♪」の所では手を上にあげキラキラと思い思いにダンスも見せてくれました。

最後は笹の前でクラス写真!!

みんなの願い事が叶いますように…★

つき組(0歳児)

ほし組(1歳児)

そら組(2歳児)

雨模様の空を吹き飛ばすような、楽しい「七夕の集い」でした。調理師さんが七夕用に作って頂いた昼食を美味しくいただきました。

 

* この紙芝居は、園児の登園自粛期間中に、園児が揃った時に楽しもうと保育士が絵をかいて、園長が紙芝居の枠を、主任保育士が飾り付け・緞帳を制作しました。(皆の所以です)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です