保育園のスイカを収穫!

アーバンチャイルド保育園、保育士の𠮷田です。

梅雨も明け、きれいな青空に夏らしい入道雲が見えるようになり、保育園ではオタマジャクシがカエルになりました。

さて、プランターに植えたスイカの苗を、子どもたちと水やりをしながら日々見守っていると、おおきく食べ頃になりました。

「わぁ~!」「おおきいねぇ」とスイカを叩いたり引っ張ったり興味津々の子どもたち。

そら組(2歳児)さんが、保育士と一緒にハサミでチョキン!と収穫!

いちに!いちに!と力を合わせて運んでくれました。

スイカを切ると、真っ赤でおいしそう。

 

小さく切って、みんなでいただきまーす!

種をプップと上手に飛ばして食べました。

 

 

スイカを食べた後には、水遊びを楽しみました♪

 

美味しいスイカをたくさん食べて、お水でいっぱい遊んで、暑い夏を満喫した1日でした♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

夏の室内遊び