夏の室内遊び

アーバンチャイルド保育園、保育士の𠮷田です。

少し夏の暑さが弱まったこの頃、保育園にはイトトンボが遊びに来てくれました。

子どもたちは「トンボ!」と大喜びでジーっと見ていました。

今日は、水遊びの前にする室内遊びを紹介します。

そら組(2歳児)は、片栗粉で遊びます。

最初は粉を触って、「うわ~!」「きもちいい~」と大興奮。

さらさら、きゅっきゅっとした感触に手を真っ白にして大喜びの子どもたち。

お水を入れると違う手触り、とろーり、こねこねと流れるのをじっとみたり、お団子づくりをして楽しみました。

ほし組(1歳児)も一緒にスライムに挑戦する日もあります!

保育士が「魔法のお水を入れるよ~」とスライムを作ると、子どもたちはじーっと見て興味津々。

「ねばねばしてきたね!」「私もやりたいー」「僕も!」とワイワイ・ガヤガヤ。

待望のスライムの完成!みんな、くちゃくちゃ、ペタペタ大喜び!

テーブルに並べて人差し指でツンツンしたり、びよーんと伸ばしてみたり、それぞれ思い思いの遊び方で楽しんでいます。

室内遊びを楽しんだ後には、みんなで元気に水遊びをします!

まだまだ暑い日が続きますが、健康に気をつけてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です