節分の集いがありました

アーバンチャイルド保育園、保育士の𠮷田です。

アーバンチャイルド保育園では2月3日に節分の集いを行いました。

この日のために子どもたちは、毎朝「まめまき」や「鬼のパンツ」を歌ったり、紙を丸めて豆を作っていました。

当日の朝、子どもたちはなんだかソワソワしている様子でした。

「おなかのなかにおにがいる」の絵本を読んでもらって、自分のお腹を触って「おにさんいないよ!」と必死な子どもたち。

みんなで豆をまいて、おなかのなかの鬼をやっつけていると、外から赤鬼がやってきました。

「わぁ、鬼だ」「鬼は外!!」と怖がったり、必死に豆を投げる子どもたち。

鬼が話始めると不思議そうに、顔を見ながら聞いていました。

「みんな仲良く元気にあそんでいますか?」「給食はいっぱいたべていますか?」と鬼さんに聞かれると「うん!」「遊んでる!」「食べてる!」と元気にお返事しました。

「頭をなでてほしい子、握手をしたい子はいない?」と聞かれると、「したい~」と恐る恐る鬼に近づく子どもたち。

最後はもう一度、みんなで「鬼は外!!福は内!」と豆をまくと、鬼は逃げていきました。

とっても、たくましい子どもたちの姿を見ることができました。

鬼が行ってしまった後、みんなで大きな声で「まめまき」「鬼のパンツ」を歌って一安心の子どもたちでした。

 

 

 

 

Follow me!