運動会ごっこがありました

アーバンチャイルド保育園、保育士の𠮷田です。

10月25日(日)

アーバンチャイルド保育園 第4回 運動会ごっこを催しました。

今年は新型コロナウイルスの影響から去年までとは違った運動会ごっことなりました。

昨年と同様に保育室とおひさまホールをつなぎ1つの部屋で、今年は観覧していただく席を家族ごとに指定し、その席ごとに手作りのパーテーションを吊るし、感染防止を意識しながら行いました。

普段と違う保育園に戸惑う様子の子どもたちでしたが、お友達が増えていくにつれ緊張も少しほぐれた様子で、「朝の集い」では、元気いっぱいの歌声を聞かせてくれました。

朝の集いが終わると、運動会ごっこのはじまりです。

園長先生のお話を聞いて、みんなで準備体操をしました。

準備体操の後は「かけっこ よ~いどん」。ゴールで待っている保護者のところまで走ります。

園長先生の「よ~い ピッ!」の合図で一人ずつ走りました。

保護者と手をつないで走ったり、手を広げて「だっこ~」と保護者めがけて走ったり、みんなそれぞれ一生懸命に走りました。

そら組(2歳児)の晴れ姿!!

みんな頑張ったので少し、お茶タイムをとりました。お茶タイムの間には保護者にインタビュー!

子どもたちが走ってきてくれて嬉しかったと保護者の方も喜んでくださってました。

つき組(0歳児)のかけっことふれあいダンス「たかいたかいをして」

今年は新型コロナウイルスの影響から、つき組の種目時間のみの参加となりました。

普段と違う保育園にキョロキョロしながらも、ほし組(1歳児)、そら組(2歳児)のお兄ちゃんやお姉ちゃんからの拍手の中を、保護者と手をつなぎ嬉しそうに歩いて入場です。入場後には、つき組も、かけっこ よ~いどんを行いました。

かけっこ よ~いどんの後には、ふれあいダンス「たかいたかいをして」をしました。

コアラのようにぎゅーっと抱き合ったり、たかいたかいを何度もしてもらったり、子どもたちはいい笑顔で揺られていました。

周りで見ていたほし組やそら組のお友達も、「やって、やって~」と保護者におねだり、大満足の子どもたちでした。

頑張ったつき組さんに園長先生から、保育士手づくりのメダルと記念品のプレゼントです。

メダルをつけて、記念品をもって、ニコニコ笑顔で、手を振りながら、つき組さんはみんなの拍手の中、見送られて帰路につきました。

ほし組(1歳児)による「のぼって、くぐって」

システムブロックの滑り台を駆け上って、トンネルをくぐって、一本橋を渡って、保護者の抱っこや肩車で戻ってゴール!!

保護者の手をぎゅっと握って、上手に滑り台や一本橋を渡りました。トンネルは「パパ、ママ早く!」と言わんばかりに、すごいスピードでくぐる子どもたち。戻りの抱っこや肩車は嬉しそうに笑顔いっぱいでした。

そら組(2歳児)による「おやこでドライブ」

親子で1台ずつ、コの字の車を押して、子どもたちは園長先生や、お父さんたちのトンネルをくぐってドライブです♪

毎日、園庭でコンビカーを押して駆け抜けている子どもたちは、ものすごいスピードで上手にトンネルをくぐりながらゴール!

どんなもんだい!と、どこか得意げな子どもたちでした。

きょうだいも「そーっと そーっと」を行いました。

コの字の車に風船を乗せて、そーっと、そーっと運びます。ちょっとした風ですぐに飛んで行ってしまう風船を、上手に運んでくれました♪

競技が終わると、待ちにまったうれしいプレゼントの時間です。

園長先生が一人ひとりの席まで行き、みんなのお名前を呼んでもらい保育士さんの手作りのメダルと記念品のプレゼントをもらいました。

お名前を呼んでもらうと「はい!」、プレゼントをもらってからは「ありがとう」と元気いっぱいの言葉を聞くことができました。

今年は新型コロナウイルスの影響から、いつもと違う少し小さな、そして感染対策を行いながらの開催となりましたが、怪我もなく無事に運動会ごっこを終えることができました。

子どもたち、保護者のみなさまの、たくさんの笑顔を見る事ができ、今年も開催することができて良かったと感謝しています。

お忙しい中、運動会ごっこにご参加していただきありがとうございました。

 

 

 

 

Follow me!